武蔵国 大國魂神社

府中にある大國魂神社へ行ってきました。
大國魂神社は、大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。この大神は、素盞鳴尊の御子神で出雲の大国主神と御同神であるといわれています。孝徳天皇の代には武蔵の国府がおかれていました。
お社は堂々と威厳があり、とても神気の高い神社です。
また、源頼義・義家父子が後三年の役で奥州へいったときに先勝祈願し、その勝利を勝ちとった御礼に1000本の欅を植樹したと伝えられている欅並木が緑豊かに街並みをいろどっています。八幡太郎の源義家公の銅像は若くて凛々しいお姿でした。府中は、鎌倉道の上の道にあたり、鎌倉ともゆかりのある土地ということを知りました。

Pocket