地元の塗師のあたたか味のある器

鎌倉の鎌思堂 矢沢光弘さんの挽目椀(根来塗り)とうるみ皿。
潤朱(うるみ)は、とても品のよい茶色でなんともいえないやさしい雰囲気をかもしだしています。毎日の食卓が上品な雰囲気になることうけあいです。

矢沢さんは、彫刻と木工芸の技術を学び、1972年漆器作りを始めました。鎌倉彫の枠にとらわれず、今の生活になじむ物、丈夫で使い込むほどに漆の良さが味わえる物づくりに励んでおられます。yazawa1

yazawa2

yazawa3

 

 

Pocket