浄法寺漆 入荷

浄法寺の時代椀が入荷しました!

浄法寺の漆器は、高品質な国産の浄法寺漆を使用しています。

現在日本の漆器で使われている漆は95%以上は中国産で、輸入したものを日本の職人が精製して使用しています。それらも「国産品」として認められます。

よって、日本の漆は残り5%分しかなく、その中で浄法寺の漆は半分以上を占めます。とても希少なものなのです。浄法寺の漆は中国産のものよりサラサラ度が高いそうです。
その質の高さから、国宝・重要文化財級の神社仏閣の修復に使われています。
(※中国産の漆は、それに比べて粘土が高いそうですが、日本できちんと精製され勿論安全なものです)

数少ない職人さんが精魂こめてつくった器は、日本工藝の域を極めた風格ただようすばらしい作品の仕上がっています。

年のはじめにお雑煮をいただくにふさわしい逸品です。

浄法寺1 浄法寺2
Pocket